午前Ⅱ対策 | 過去問題を繰り返し3回解く

参考書片手に過去問題をやりこむ

Study session

午前Ⅱは情報セキュリティ全般からの出題になります。OSセキュリティ、メール、ネットワーク、WEB、データベースなど幅広い分野をカバーする必要があります。

でも恐れる必要はありません。午前Ⅱも過去問から、全く同じ問題が繰り返し出題される傾向が非常に強いです。

IPAのホームページに掲載されている過去問題を全て繰り返し解けば60%は正解がとれると思います。

しかし午後問題の高度試験の事を考えると、やはり情報セキュリティの基本知識はこの段階からおさえていった方がいいと思います。
私は、1週間で分かる 情報セキュリティスペシャリスト 集中ゼミ 【午前編】 2012→2013年版―面白くてメキメキ合格力がつく! を読みこみました。

この本は情報セキュリティの基本事項がわかりやすくまとめられています。イラストも多く使用されているので、内容は高度なことが書かれているのですが、非常に読みやすいです。

1週間で分かる 情報セキュリティスペシャリスト 集中ゼミ 【午前編】 2012→2013年版―面白くてメキメキ合格力がつく! 1週間で分かる 情報セキュリティスペシャリスト 集中ゼミ 【午前編】 2012→2013年版―面白くてメキメキ合格力がつく!
岡嶋 裕史

日本経済新聞出版社
売り上げランキング : 197617

Amazonで詳しく見る by AZlink

午前対策は、基本的に過去問を繰り返し解いていけば自然と合格点を突破できると思います。ただなぜその答えになるのか?という疑問にぶつかったときには、参考書で調べることによってさらに知識として頭に入っていいきます。

私は過去5年の過去問題を3回繰り返し解くことで
自然と合格ラインに達していました。

過去問題をひたすら解く! で午前Ⅱ問題は大丈夫!

次は、情報セキュリティスペシャリスト午後Ⅰ対策へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です