午前Ⅰ対策 | 70%は過去問題からの出題、過去問題を5回解く

午前Ⅰ問題の70%は過去問題から出る

情報処理全般分野から幅広く出題されます。IPAのホームページに掲載されている過去問題をくりかえし解くだけで午前Ⅰ対策はOK!と断言できるほど午前Ⅰは過去問題が繰り返し出題されています。

ただ情報処理の基礎はしっかりとわかっておきたい、と思ったので平成27年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 (情報処理技術者試験)を3回ほど繰り返し読み解きこなしました。

この問題集は、イラストも多く解説もわかりやすいので、試験直前まで引っ張り出してきては読んでいました。

午前Ⅰ対策は、この 平成27年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室 (情報処理技術者試験) と、IPA掲載の過去問題をやりこむだけで十分だと思います。

私はこれだけではちょっと不安だったので 基本情報技術者スーパー合格本過去問題集〈2013年版〉  も一緒にやりこみました。参考書の帯にある「70%は過去問から」というのは本当で、私が受けた時も過去問題がそのまま出題されているケースが確かに多かったです。

このシリーズの参考書は、2013年版を最後に新刊がでていません。中古本などを探してみましょう。

おかげで、試験直前にはコンスタントに70%の正解を出せるようになりました。試験は60%以上の正解で合格です。

100点を目指す必要はありません。合格ラインを取れるようになったら、さっさと午前Ⅱ対策へ進んだほうがいいでしょう。

情報セキュリティスペシャリスト試験 午前Ⅱ対策へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です